通常便秘に効く食事

通常、便秘に効く食事は、食物繊維、乳酸菌を内蔵する 発酵食物などであります。

ひどい便秘の方は、便が固く腸内に滞留した状態に落ち着いています。

この状態を改善して、便を出やすく柔らかくするため、初めに 水分と食物繊維を摂りながら、乳酸菌などで腸内を整えるのが良い方法でしょう。

近年は毎年のように冬になるとインフルエンザにかかる人が多数でます。

年を追うごとに予防注射をする人も増加していきていますが、都市部ではとても多くの人が発症しています。

感染経路は多種多様だと思いますが、通勤中の電車や街中、職場など、大人数と接触する時に感染することが考えられます。

インフルエンザにかかってしまったら、とにかく栄養をしっかりと、摂るために食事を抜いてはなりません。

薬も大切ですが、栄養補給も大事です。

とにかく早くインフルエンザを治すためにも、水と食事は抜かないようにしましょう。

朝昼晩と食欲がわかなくても、消化吸収しやすく栄養満点なものを可能な限り食べてください。

水谷のガッキーブログ
今、インフルエンザの感染がわかると学校などには、5日間出席できなくなります。

インフルエンザに感染したとしても、発熱は数日で治まるので、登校したいと思ってしまうかもしれません。

平熱に戻っても、くしゃみなどにウィルスはまだ潜んでおり、他人にうつしてしまう危険性があります。

なので、出席停止の期間を守ることが集団感染予防には必要なことです。

アトピーは乳酸菌を積極的に摂ることで、症状の改善に役立つ可能性があるのです。

アレルギーを発生させる原因物質は腸内に進入すると、IgEという抗体が生まれます。

数が少なければ問題ありませんが、このIgEという抗体がたくさんの数作られてしまうと、過剰反応が発生してしまって、アレルギー発生につながっていきます。

これがアトピーの原因だとされているのですが、乳酸菌は、IgEの大量の発生を抑えるといわれています。

1歳から5歳くらいの幼児がインフルエンザといったものに感染をし、高熱が出た後、急激に意識障害やけいれん、異常行動等の症状が出るのがインフルエンザ脳症となります。

インフルエンザ脳症とは、生命に関わることのある重篤な疾患であり、治癒した後に後遺症が残ってしまう場合もございます。